世界最新の体組成計Inbody 570を採用

ご自分の体組成を知っていますか?

自分の体重は知っているけれど、体組成(たいそせい)は知らないという方は多いのではないでしょうか。そもそも体組成とはなんなのか。ダイエットではとても大切なので、この機会にぜひ覚えましょう。

体組成を知ることがダイエットの第一歩

ダイエットでは体重よりも体組成(たいそせい)の方が大切です。体組成とは筋肉や体脂肪、骨、水分などの私たちの身体を構成する組織のことです。わかりやすくするために当店では『筋肉と体脂肪のバランス』と教えております。じつは体型は、体重ではなく体組成で決まります。筋肉が多く、体脂肪が少ないほど引き締まったカラダと言えます。体重計では体重の変化しかわかりませんが、体組成計では体脂肪が減ったのか、筋肉が減ったのか、それとも水分が減ったのかをすぐに測定することができます。そのため、ダイエットを正しく進めることができ、軌道修正もすぐにおこなうことができます。

世界最先端のInbody 570を国内初導入

Inbodyとは?

InBody(インボディ)は、体重から筋肉量、体脂肪量、水分量、基礎代謝量など、お身体の状態を正確に測定できるマシンです。また、部位ごとの組成がわかるのもInBodyの特徴です。左右の腕と脚、そして体幹の筋肉と脂肪の状態までわかります。筋肉の多い部位ではなく、少ない部位を中心に鍛えることで、バランスのよいカラダをつくることができます。測定結果にもとづいて、お客様一人一人のお身体にあったトレーニングや食事計画を提案することができます。

体重計とはなにが違うの?

体重計は体重しか測定することができません。InBodyは体組成計と呼ばれ、筋肉量や体脂肪量、内臓脂肪、全身の筋肉バランス、基礎代謝量、栄養状態などカラダの様々なデータを測定することができます。

家庭用のものとちがうの?

家庭用のものよりも圧倒的に多くの情報がわかるのがInbodyの特徴です。また精度が高いため、家庭用の体組成計でありがちな測定結果のバラつきがないのも特徴の一つです。毎回正確なデータがわかるので、安心してトレーニングをおこなうことができます。

関連記事

PAGE TOP