「走るのだけは苦手・・・」

その気持ち、とてもわかります・・・ わたしもランニングをはじめる前は「苦しいだけなのに、走ってなにが楽しいの?」と思っていました。

学校行事や部活動でのキツい思い出しかなく、卒業してからは、一生走らないとさえ決めていました。

しかし、大人になってから、自分の意思で走ることと、誰かに強制して走らさせることは本質的に違うということを学びました。

昨年の12月にホノルルマラソンを完走。今年に入ってからは、ランニングアドバイザーの資格を取得し、トレイルランニングの大会もデビューしました。

そんなわたしが、自分でランニングをしていたり、お客様に指導をしていたりする中で「これはすごい・・・」と思ったことをご紹介していきます。

こんなにある!ランニングのメリット!

ダイエットに効果的

まずはなんと言っても「ダイエットに効果的」ということです。ランニングをはじめたお客様も、どんどん引き締まったカラダになっています。ランニングの運動効果について少しだけ説明します。

運動は大きく「無酸素運動」と「有酸素運動」の2つに分けられます。

無酸素運動とは、短距離走や筋トレなどの短時間で強い力を出しておこなう運動のこと。有酸素運動は、ランニングや自転車などの長時間にわたっておこなう運動のことを言います。

有酸素運動は、筋トレのように筋肉をつけるための運動ではありませんが、カロリーを多く消費します。カロリーを消費するということは、脂肪が燃焼するということです。

筋トレをしているのに全然痩せないという人も、ランニングを上手に取り入れることで、体脂肪を減らすことができます。

食事について悩まなくていい

「食事を減らしているのに全然やせない」そう悩む人はすごい多いです。

原因はさまざまですが、20歳を過ぎると筋肉が落ちることによって、代謝も下がってきます。そうすると、食事だけで痩せるには限度があります。

また、ダイエットをはじめると、好きでもない低カロリー食品を選んだり、せっかくの誘いを断ったりしなければならないため、ストレスが溜まります。そして、誘惑に勝てずに、甘いものについ手が伸びて、罪悪感に悩まされたりもします。

しかし、ランニングで消費カロリーを増やせば、そうした悩みはなくなります。きちんとカラダを動かして、カロリーを消費することで、食事を楽しむことができます。

「せっかく走ったのに食べたら意味がない」という意見もあると思います。しかし、「以前より食事が増えたのに、逆に痩せてきた」ということが、わたしを含め、お客様との間でわかっているのが事実です。

理論上は、カロリーを消費している以上に摂取していれば、痩せることはありません。しかし、それはあくまで理論です。色々試してみることで、わかってくることがあるのがカラダづくりの面白い点だと思います。

ストレス解消になる

「ストレスは万病の元」と言われるように、ダイエットにおいてもストレスは一番の敵です。というのも、ストレスが原因でダイエットに失敗してしまう人がほとんどだからです。

例えば、仕事や人間関係でトラブルがあると、ついお酒や甘いものに走ってしまうことがあると思います。そうすることで心の安定が保たれるのであれば良いのですが、カラダは太っていきます。

仕事帰りや休日を利用して、軽めのランニングをすることで、心が軽くなります。「イライラしてランニングどころじゃない」と思ってしまうこともあるかもしれませんが、試しに走ってみてください。

イライラしていたのが、嘘のようにポジティブな気持ちに切り替わるのがわかるはずです。

疲れが取れる

ランニングをすることできちんと疲れを取ることができます。

なぜかというと、私たちの疲れの原因は、肉体労働によって体を動かしたことによる「肉体的疲労」ではなく、仕事や人間関係による「精神的疲労」であることがほとんどだからです。

「寝ても疲れが取れない」と感じることはありませんか。このように、精神的疲労はどんなに寝ても癒すことができません。

「疲れているのにランニングなんて冗談じゃない」と思うかもしれません。しかし、きちんとカラダを動かすことで、脳への血流がUPし、頭がスッキリするということが科学的にも証明されています。

スタミナがつく

「駅の階段をあがっただけで疲れる」そういう人は多いはずです。

恥ずかしながら、私もそのうちの一人でした。筋トレを長年続けていたので力はあるほうでしたが、持久力はまったくありませんでした。

しかし、ランニングをはじめるようになって、日常で疲れることはまったくなくなりました。歩く速さは上がり、駅の階段も一段飛ばしは当たり前。

カラダは資本なので、スタミナがついたことにより、仕事や趣味、生活全般において、効率が上がったと感じています。

コストがかからない

ランニングはコストがかからないというのも魅力の一つです。

ジムに通うと、入会金や月会費がかかりますが、ランニングであればそうした費用はかかりません。

はじめはシューズやウェアを揃える必要がありますが、走っているうちにいくらでも元は取れます。お財布に優しいことも、ランニングが人気であることの理由の一つかもしれません。

ランニング仲間ができる

ランニングをはじめると仲間が増えます。

なぜかというとSNSを利用している人が多いからです。ランニング用のアカウントを持っている方や、Nikeのランニングアプリの記録をシェアしている方は多く、そういう人同士で繋がったりすることができます。

私もSNSを通じて、ランニング仲間が増えました。練習や大会はひとりで走っていても、SNSで励ましあったりすることができるのも魅力です。

他の趣味につながる

ランニングをきっかけに、ほかの趣味やスポーツへつなげていくことができます。

なぜかというと、走ることはほとんどのスポーツの基礎となるからです。私の場合は、登山やトレイルランニング(山の中を走るランニング)、トライアスロンへとつながっていきました。

私の知人女性の中にも、元々ランニングをしていて、トレイルランニングもはじめました、という方も多いです。

まるで、点と点が線でつながるように、ランニングをきっかけに何かと結びつくことがあるかもしれません。

まとめ

ランニングのメリットについてご紹介してきました。しかし、ここでご紹介した内容は、まだまだほんの一部です。

人によってどう感じるかは変わりますので、それを模索していくのもランニングの楽しみ方の一つです。

暖かい季節になってきたので、この機会にランニングをはじめてみませんか?

ランニングを通じて、より豊かな人生を築くことができる人が増えることを願っています。今回は以上です。

体験のご予約はこちら >