パーソナルトレーニングジムも増えてきたため

どこのパーソナルトレーニングジムを選んだらいいのか分からない」という方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、パーソナルトレーニングジムの選び方についてご紹介したいと思います。

なお、トレーナーである私が語ると、偏見があったり、公平性に欠けたりしますので、実際にお客様から聞いた声を混ぜながら書かせていただきます。

ここだけはチェックしておきたい、パーソナルトレーニングジムの選び方。

信頼性のある資格を持っているか

トレーニングの指導は、お客様のカラダの健康に直接関わるものです。

そのため、トレーナーがどのような資格を持っているのかを把握することは大切です。

パーソナルトレーナーという職業には国家資格というものが存在しません。資格を持っていなくてもトレーナーとして活動することはできます。大手のジムでも、アルバイトやトレーニング未経験のスタッフを雇っているケースはよくあることです。

すべてが民間の資格なので、どの資格が良いのかは、トレーナーを目指す方にとっても分かりにくかったりします。

日本国内で取得できる信頼性のある資格は以下のものです。

【NSCA 全米ストレングス&コンディショニング協会】

NSCA-CPT(パーソナルトレーナー)

NSCA-CSCS(ストレングス&コンディショニングコーチ)

【厚生労働大臣認定、健康・体力づくり事業団体発行】

健康運動実践指導士および健康運動指導士

【ACSM アメリカスポーツ医学会】

ACSM-HFI (ヘルス&フィットネスインストラクター)

 

資格を持ってさえいれば良いのか?という声ももちろんあります。

資格を持っていなくても優秀なトレーナーはいますし、その逆も然りです。しかし、資格を持っているということは、トレーナーとして活動する上での最低限の知識を習得しているという証拠になりますし、それだけこの仕事に対して熱意を持っているということでもあります。

話をしっかり聞いてくれるか

パーソナルトレーニングにおける主役はお客様です。

お客様がどんな目標を叶えたいのか、どんなことで悩んでいるのかということにきちんと耳を傾けてくれるトレーナーを選びましょう。

よくあるのが『今日から炭水化物は摂らないでください』『今日から外食も控えて、指定されたものを食べてください』というように、トレーナーから押し付けられるケースです。

痩せて欲しいというトレーナーの願いもありますが、お客様も仕事をしていますし、個人的な付き合いもあります。

あくまで主役はお客様です。トレーナーが自分の話ばかりする、食事の内容を無闇に押し付けてくるといった場合は、実際のトレーニングもお客様の希望を聞いてくれない可能性があります。

無料カウンセリングや体験レッスンをおこなっているジムが多いので、その段階で見極めるようにしましょう。

社会的常識があるか

トレーナーは指導者である前に、一人の社会人であり大人です。

きちんと挨拶ができるか、タメ口ではなく敬語で話してくれるか、最低限の清潔感あるかなど。

トレーニングの指導がうまい = 常識があるとは限らないので、この点もよく確認してください。

こんな基準でパーソナルトレーニングジムを選んではいけない

憧れのトレーナーがいる

好きなトレーナーがいる』という理由でジムに通う方も多いでしょう。

それ自体は問題ありません。せっかく高いお金を払うのですから希望のトレーナーに教わりたいですし、そのほうがモチベーションも上がるでしょう。

しかし、入会したのに希望していたトレーナーに会えないということはよくあります。人気があるため予約が取れなかったり、トレーニングの指導はせずに経営側に回っていたりすることがあります。

また、入会前のカウンセリングで対応してくれたトレーナーと、実際のトレーニングで指導してくれるトレーナーが異なる場合もあります。

その点も、事前に調べておくようにしましょう。

すぐに痩せられる or 確実に痩せられる

『2ヶ月で○○kg痩せる』『あなたも確実に痩せられる』といったジムが増えています。そのような結果が得られたことは事実であり、それを否定するつもりはありません。

しかし、すぐに結果が得られるということは、それ相応のリスクが伴うということを知っておきましょう。

よく私のところに来られるお客様の例が「痩せたけど、すぐにリバウントしてしまった」「生理が止まってしまった」「仕事に身が入らなくなった」です。

得られるもの以上に失うものも大きくなる可能性があるので、よく考えてから通うようにしましょう。

料金が高い = 良いジムとは限らない

パーソナルトレーニングといっても、価格帯はピンキリで、相場がはっきりしていません。

料金が高いから質の高い指導が受けられるとは限りません。土地代なのかもしれませんし、便乗して値上げしているかもしれません。

先述したように、アルバイトやトレーニング未経験のスタッフを雇っている大手のジムも多く存在します。

また、ホームページよりも高い金額を請求された、別途でサプリメントを買わされたというケースもあります。

入会する前にきちんと説明を受けるようにしましょう。

立地の通いやすさだけで選んではいけない

自宅や職場から近いという理由で、ジムを選ぶ方も多いと思います。

しかし、それは一般的なフィットネスクラブの場合です。一人でマシンでトレーニングをおこなうフィットネスクラブと、トレーナーとマンツーマンでおこなうパーソナルトレーニングは、根本的に性質が異なります。

パーソナルトレーニングは、トレーナーとの相性を優先しましょう。いくらジムまで近いといっても、相性の悪いトレーナーとトレーニングをしても、通うのが嫌になるどころか、自分の理想のカラダにならない可能性すらあります。

パーソナルトレーニングは決して安くありません。ジムまで少し距離が離れていても、相性の良いトレーナーのいるジムに通うことを勧めます。

距離が離れていて定期的に通えないようであっても、その旨をきちんとトレーナーに伝えれば、自宅でできるメニューを組んでくれたり、何かしらの対策は考えてくれるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。パーソナルトレーニングジムに興味があって、これから通おうとしている方も多いと思います。

もし可能であれば、気になっているいくつかのジムに、無料カウンセリングや体験レッスンに行ってみることをオススメします。

その際に、立地や施設の雰囲気のみでなく、担当のトレーナーさんとの相性もきちんと把握しておきましょう。

パーソナルトレーニングは、トレーナーとお客様が二人三脚でカラダをつくりあげていくものです。

「最初だけトレーナーに見てもらって、あとは自分で頑張る」と考えていた方も、トレーナーとトレーニングをすることが楽しみになり、気付いたら長い付き合いになっているといったことも多くあります。

理想のトレーナーさんと出会うことができ、身体も生活もよりも充実した形に変わっていくことを願います。