「忙しくてトレーニングをする時間がない」

現代人は忙しいです。毎日遅くまで働き、休日も出勤しなければならないことも。人によっては育児もあったりします。

とてもトレーニングをする時間なんかありません。ジムまで行き、ウェアに着替え、ウォーミングアップをしてからトレーニングをはじめ、最後にストレッチをして、シャワーを浴び、メイクを済ませて帰路につく。考えるだけで大変です。女性なら荷物も多いはずです。

しかし、もし1日10分だけトレーニングすれば十分となるといかがでしょうか。それなら少し忙しくてもなんとか時間を見つけられそうですし、まだ希望も持てるのではないでしょうか。ちなみに、その10分は自宅でも構いません。

信じていただけるか不安に思う方も多いので、論より証拠です。私が試しに20日間、毎日10分のトレーニングを続けてみました。


体重:-0.9kg (61.4 → 60.5)
筋肉量:+0.9kg (51.3 → 52.2)
体脂肪量:-1.7kg (7.3 → 5.6)
体脂肪率:-2.7% (12.0 → 9.3)

筋肉量を増やしながら、同時に体脂肪も落とすことができました。ダイエットではこの形が理想です。トレーニング後にプロテインはきちんと飲み、その他は食事は変えていません(ここがポイント)。糖質や炭水化物ももちろん摂取しています。着目すべき点は体脂肪率で、12%から9.3%にまで落とすと、だいぶ見た目もスッキリします。

 

トレーニング時間を10分にした理由

なぜトレーニング時間を10分にしたか。もちろん時間的なこともあります。

しかし、仕事やプライベートで嫌なことがあった時に10分だけなら頑張れる、という精神的なことが理由です。私たちは気持ちが前向きの時だけではありません。日常で嫌なことがあり、トレーニングのモチベーションが下がる時は多々あります。個人差はありますが、私の場合はそんな時でも10分だけなら頑張れます。軽めの強度でも構いません。

10分というものすごく短い時間ですが、それが大きな意味を持ちます。5分でも10分でも、何もしない0の状態よりもはるかに良い。0は積み重ねても0にしかなりませんが、1は積み重ねれば2、3、4、5…とやがて大きな数字へと成長していきます。当たり前のことですが、とても大切な教訓です。カラダづくりは当たり前のことの連続であり、魔法などありません。

 

これからダイエットをはじめる人が気をつけること

運動の経験の少ない方がいきなり10単位で積み重ねてはいけません。1単位ずつ積み重ねること。心にも身体にも負担となり、やがてその反動がきます。いきなり背伸びしすぎず、自分なりの数値を見つけていけば良いのです。

これはトレーニングに限った話ではありません。毎日駅のエスカレーターを使っていた人が、階段に変えてみる。毎日2つ食べていたお菓子を、1つに減らしてみる。すべて同じです。身体は少しずつ変化しますので、ご自身ではなかなかその変化に気付かないかもしれません。ただ、努力を積み重ねている限り必ず変化は起きています。

自分の力を信じてください。