BLOG

ダイエットに成功する人とそうでない人の特徴。

ダイエットがうまくいく人とうまくいかない人。両者の間にはある程度、決まった思考パターンが存在します。

私なりの経験則ですが、両者に体質的な違いはなく、それよりも思考パターンに大きな違いがあります。

ダイエットに失敗しやすい人

運動面:仕事で疲れてるし運動するの面倒だな。でも筋トレしないと痩せないしなぁ。

食事面:明日から好きなものは食べちゃダメ。糖質もとらないようにして、夜ごはんは白米は絶対に食べないようにする。

ダイエットに成功しやすい人

運動面:今日は仕事も早く終わるしジムに行ける。 背中を中心に鍛えて、涼しいから外でランニングをしよう。

食事面:ちゃんと運動はしたいから、エネルギーになるごはんは食べるようにしよう。ストレスでリバウンドしないように好きなものも食べすぎない程度に食べよう。

 

一番の違いは、気持ちが前向きかそうでないかです。前者は苦しそうにダイエットをしている一方で、後者はダイエットを楽しんでいるようにも見えます。

失敗しやすい人の特徴は、身体を動かすことが苦痛であり、食事もストイックにしすぎて決して楽しいものではありません。運動と食事のことを考えるだけでストレスを感じてしまいます。

成功しやすい人の特徴は、運動に楽しさや喜びを見つけ、ほどよく好きなものを食べているのでストレスもたまりません。ダイエットを前向きに捉えることができます。

短期ダイエットにリバウンドはつきもの。

1〜2ヶ月の短期間で痩せたいのであれば、食事制限をストイックにおこなった方が早く痩せることがでます。しかし、それはあくまでダイエットを一時的なイベントとして考えていることになり、すぐに結果が出る代償として、ダイエット期間が終われば高い確率でリバウンドしてしまいます。

嫌いな運動と過度な食事制限でストレスが溜まり「ダイエットが終わったら好きなものを食べよう」と考えるようになります。そこで暴食のスイッチが入ってしまい、せっかく10kg痩せたのに、また10kg太ってしまったという話はよくあります。

永遠に綺麗な身体でいるための思考。

ダイエットをはじめるときは、自分が将来的にどうなりたいのかをまず考えるようにしましょう。

この先の人生をずっと綺麗なカラダで過ごしたいのであれば、運動と食事にストレスを感じることなく、むしろ楽しむことのできる生活に切り替えていかなければなりません。

仕事や家事と異なり、ダイエットは「痩せなくても生きていける」ものです。少しでもストレスが溜まれば、その優先順位はすぐに落ちます。「今日は疲れてるから明日にしよう」というように先延ばしになり、運動をしなければならないということ自体もストレスに感じるようになってしまいます。

ダイエットは楽しくおこなうことが大切です。ストイックにトレーニングにすることでも、食事制限をする必要はありません。少しでもダイエットを前向きに考えられるように思考を切り替えていきましょう。

スタイルキープの秘訣はこれだけ。

常に綺麗なスタイルを保っている人は、努力はしていても、それを努力と思っていないことの方が多いものです。あくまで好きなことをしているわけであり、むしろ「楽しい」と感じていたりします。だから、どんなに苦しくても続けられるのです。

それは才能はなく、きちんと自分を楽しませる方法を知っているから。小さな成功体験を積み上げることで、自分に自信を持てるようになり、成長を感じることに喜びを見出しているわけです。

運動や食事に対してネガティヴな感情があるのであれば、まずは考えを改めましょう。私は「そんなの食べたらダメですよ」「ちゃんと運動しなきゃダメですよ」と言ったことは一度もありません。もし自分がお客様の立場であれば、もうそのジムには行かないと思います(笑)  トレーナーの指示に従えば痩せるかもしれませんが「運動=ストイック」「食事=ストイック」という考えから抜け出すことができずに、自分らしさとはかけ離れた生活を送ることになるからです。それこそどこに向かっているのか分かりませんね。

みんながみんなうまく行くとは考えていません。しかし、ネガティヴ思考から抜け出し、少しでも考え方を変えることができれば、今の自分から抜け出せる可能性は十分にあります。

心から楽しむこと。そうした考えが定着すれば自然に痩せていきますし、ダイエットで困ることはなくなります。

“止まない雨はない。減らない脂肪もない。”

 

BEAUTY & STRENGTH 表参道
所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-20-1 B-004
電話番号:03-6427-2815(営業のお電話はお断りしています)
受付時間:10:00 〜 23:00 (定休日:第2・4日曜日)
公式ホームページ:https://www.studio-beautyandstrength.com

関連記事

PAGE TOP