「経験は積み重ねず、並べるもの」

日本人で初めて8000m峰14座をすべて登頂した竹内洋岳さんの言葉です。この言葉のインパクトがとても強くて、登山を始めたころから今に至るまで、ずっと大切にしています。

たとえば、単純作業を繰り返すような場合であれば、経験はとても重要になってきます。経験を重ねれば重ねるほど、上手くなったり、速くなったりもする。しかし、山はそうではない。

同じ登山というのは、二つとない。一度登れた山だからといって、二度目も確実に登れるという話には絶対になりません。条件も違ってくるし、自分自身のコンディションによっても違ってくるし、パートナーによっても違ってくる。登山というのは、毎回が初回なのです。

(標高8000メートルを生き抜く 登山の哲学)
 

これって、登山だけでなく仕事にも言えることだと思います。例えば、ダイエットをしたいというAさんとBさんがいて、二人とも同じ身長、体重、体脂肪量、筋肉量だとします。そして、目指すゴールも同じだとします。

仮にAさんが、ある方法で2ヶ月で目標を達成したとしましょう。すると、Bさんも同じ方法でダイエットをおこなえば2ヶ月で目標を達成できるはずです。

けれど、実際にはそんな単純な話ではありません。二人とも生活リズムは違いますし、仕事が終わる時間も違う。基礎体力やモチベーションの度合い、交友関係、ストレスの感じ易さまで、すべて違うはずです。

だからAさんがとある方法でうまくいったからとって、Bさんが同じ方法でうまくいくとは限らないのです。

また、竹内さんは「想像すること」の大切さを説いています。

だから、経験は「知識」にはなるけれど、あまり役には立たない。経験を積み重ねれば積み重ねるほど、むしろ登山はつまらなくなってしまうとさえ私は感じています。経験を積み木のように重ねて行けば、どんどん高くなります。その結果、ゼロから始めていたことが、たとえば10の高さからスタートできるようになる。それは、想像する楽しみが減ってしまうだけでなく、非常に危険なことでもあります。

何が起こるかわからないから、何が起こっても対処できるように想像して山に登るのです。最初から10の経験を持ち込んで山に登ればその部分には想像が入る余地がなくなる。ところが待ち構えているのは、過去に経験した状況とは異なる状況です。経験に従って登ることは、現場で判断を下して行動するのではなく、マニュアル通りに行動するようなものです。

(標高8000メートルを生き抜く 登山の哲学)

 

ある程度登山に慣れてくると「前の山はこう登ったから、今回もこんな感じで大丈夫だろう」と考えてしまう癖が出てきます。

これは、経験を持ち込んでしまっている証拠。昨日登った山だからといって、今日も同じ状況とは限りません。経験に頼ると、何かあったときに冷静な判断ができず、身動きが取れなくなります。

ダイエットで言えば、どうしてAさんはこの方法でうまくいったのに、Bさんはうまくいかないんだろう。というようなことが起こります。これは、Bさんに問題があるというより、指導者側の「想像不足」であることが考えられます。

もし経験を「積み重ねる」という見方をすると、経験と経験の間に想像が入る余地がなくなります。しかし、「並べる」という考え方をすれば、カードを手元に広げるように、すべてを見渡すことができます。そして、いろんな並べ方や組み合わせを自由に考えることができます。

僕は、一人で山に登ることが多いので、いつもこういうことを考えながら登っています。そして、なにか悩んだときや行き詰まったと感じたときに山に登ると、決して普段は思いつかないような考えが浮かぶのです。

純粋に山登りが好きというより、山から教わることが多いから、登るのが辞められないのかもしれません。

浅野