• 1日あたり体重 x 2gのタンパク質を摂取する
  • 鶏胸肉かササミを中心に摂取する
  • 夕飯の炭水化物は抜く
  • おやつはナッツかドライフルーツにする
  • 夜8時以降は食べない
  • 水は1日2 ~ 3リットル飲むようにする
  • 週1日のチートデイ(自由に食べてもいい日)をつくる

これ、一般的に言われているダイエットの方法論ですが、僕が絶対に教えない方法なんです。

「好きなもの食べたらいいじゃん」という考えが根底にあるのもそうですが、まず、一人一人の身体や生活習慣、仕事、家庭環境など、食の好みなど、すべて異なります。誰一人として同じ人はいません。それを「型」に当て嵌めて良いのかという考えがあるからです。

まず、何を前提としてダイエットを勧めるのかを考える必要があります。

3ヶ月後に結婚式を控えているのか、それとも、そうではなく、今後いつまでも綺麗な体型を維持していきたいのか。その人がなにを前提としてダイエットを進めていくかによって、その内容も変わってきます。

もちろん多くの人は、できれば早く結果を出したいとは思いつつ、それと同時にいつまでも綺麗な体型を維持していきたいと考えます。もちろんそれが理想ではありますが、早く得られた結果というのは、どうしても長続きしない傾向が強い。

よくご相談をいただくのが、2ヶ月で10kg痩せたけれど、すぐに5kgあるいは元の10kg以上太ってしまったという内容です。あるいは、友人がそういうダイエットで失敗したのを知っているから、私はもっと堅実に行きます、と反面教師な意味でご相談いただくことも多いです。

急に慣れない生活に変わるわけですから、当然ストレスも大きくなります。仕事や運動で疲れてるから美味しいものを食べたいという気持ちと、ジム(あるいはパーソナル)に通ってお金を払っているんだからそれを無駄にしたくないという気持ち。その両者が衝突してしまうんですよね。

僕は、それってあまり健全な方法だと思わないんです。どうしても「〜しなきゃ」「〜しないとダメ」的なダイエットになってしまうから。もし、我慢できなかった時に「あぁ食べちゃった」「昨日の運動が無駄になった」という具合になり、ネガティヴな感情が次から次へと押し寄せてくる。やがて「自分は本当に意志が弱いな」と自尊心が損なわれ、自分に自信がなくなっていく。そういうケースが非常に多いと感じます。

本当に大切なのって「〜したい」「〜していて楽しい」という気持ちがベースとなることです。つまり、体の変化よりも、気持ちの変化が大切だということ。言ってしまえば、ダイエットなんて本当に気持ち次第です。少しでもやりたくないと思ったらそれこそストレスでしかないし、それで健康的なカラダがつくられるとは思えない。

逆に、少しずつ体の成長を感じたり、運動に対する考え方が変わっていったり、そういうことのほうが遥かに大切です。本当に綺麗な体型を維持している方で「運動なんてめんどくさい」と言っている方を見たことがありませんから。細かい方法よりも「マインド」がすごく大切だと感じます。

別に、今の生活習慣なんか変えなくていいと思ってます。何十年間と生きてきて、生活習慣を変えられる人って、ものすごく限られていると思います。僕なんて、鶏胸肉はどんなに頑張っても3日くらいしか続かない。飽きちゃう。4日目くらいには食卓に唐揚げが並んでます。

だから、今までの生活習慣のままでいい。寝る時間だって今まで通りでいいし、好きなものがあれば食べてもいい、お酒だって飲んでもいい。それでいいんだけど、もちろんそれだけだと今まで通りになってしまうから、その状態のままで、それをどこまでプラスに変えていけるかを考えることが大切だと思うのです。

好きなものがあるなら、無理にやめる必要なんてない。とことん好きを追求して欲しい。というのが僕の考えです。

浅野