コロナ渦によって、ソーシャルディスタンスという言葉を耳にするようになりました。

本来は「物理的な対人距離を保つこと」を意味しますが、本当に大切なのは、SNSとの距離感だと思っています。

基本的に、私たちが抱えるほぼすべてのストレスの原因は「人」が関係しています。誰かに何かを言われた、誰かの嫌な噂を聞いてしまった、誰かに自分の苦労を理解してもらえない、誰かに理不尽なお願いをされたなど、ほとんどの場合で人が関係しているはずです。

特にSNSとの距離感が近くなったら現代、本来溜めなくて済むはずだったストレスを溜めてしまっている人が多いと感じます。

SNSは、色んな人の考えを吸収したり、それを生活に役立てることができるといったメリットがある一方で、リアルな日常では決して絡まないような人の発言だったり、以前は見えなかった人の生活が見えてしまうのも事実です。フィルタリングされているわけでないので、見たくないものまで見えてしまうのがSNSなんですね。そうすると本来は溜めなくてよかったはずのストレスが溜まってしまう。

ダイエットが特にそうです。

「あの人は順調に痩せてるのに、私は全然痩せない」

「なんで私はうまくいかないんだろう」

「みんな綺麗でいいなぁ。羨ましいなぁ」

つい他人と自分を比べてしまうんですよね。羨ましいと思う反面、自分の容姿に対する嫌悪感まで湧き起こってくる。「こんな女性になりたいな」「私もこんな風に綺麗になりたいな」「このモデルさんみたいになりたいな」このような動機でダイエットを始める人がほとんどだと思いますが、僕の中では否定的なんです。

ダイエットの本質は、誰かの身体に近づくことではなく、自分自身のベストをつくることだからです。

人の身体は、身長だって違うし、骨の形だって違うし、手と足の長さだって違うし、顔の大きさだって違うし、骨盤の大きさだって違うし、肋骨の形だって違うし、誰一人として同じスペックを持った人っていないんですよね。

そこで誰かと同じような体型を目指すことって、はっきり言って現実的ではありません。それに、比較対象が他人である限り、頭の中では、常に他人と自分を比べてしまっているということです。

ダイエットでもボディメイクでも、本当の面白さって、自分自身のベストを追求していくことにあると思うんです。今まで出来なかったことが出来るようになったり、気付かなかった自分の才能に気付いたり、一つずつ成長を積み重ねていくことで、自分史上最高の自分を作り上げていくことに魅力があると思うんです。

だから、自分と他人は分けて考えたほうがいい。「自分は自分、他人は他人」という感覚が持てるようになれば、ストレスはゼロにはならないかもしれないけれど、より自分の成長に目を向けられるようになり、自分に対する不信感というのは和らぐように思います。

一度立ち止まって「確かに、あの人に比べたらまだまだだけど、自分の中では少しずつ成長しているからよしとしよう」というように、たまには自分の努力を評価してあげると良いかもしれません。

浅野