ダイエットだけでなく、コロナウイルスに関しても「リバウンド」という言葉を耳にするようになりました。

そもそも、なぜリバウンドするのか。どちらのケースにしても、それまで抑えていた欲求が一気に爆発するからでしょう。そもそも私たち人間は、誰かに強制されたり好きでもないことを長期間我慢できるようにはできていません。

では、どうすればリバウンドを防げるのか。

ストレスが爆発しないよう、常日頃から適度に発散すれば良いわけです。ダイエットで言えば、2ヶ月で一気に痩せようとするのではなく、日頃からよく歩いたり、適度に好きなものを食べたり、そうやって上手にカラダとメンタルをコントロールしていくこと。

コロナで言えば、完全自粛するのではなく、一人で楽しめる趣味を見つけたり、また、密にならない場を選んで適度に外出すること。

どちらも本質は同じです。我慢すればするほどその反動は大きくなります。中には「ダイエット中なのに食べてる」「コロナなのに出歩いてる」などと後ろ指を指してくる人もいるでしょう。でも、長期的に見れば、他人の目を気にせず主体的に行動したほうが、どちらのリバウンドも防げるというのが僕の考えです。

さて、僕のダイエット指導では3ヶ月を目安に考えていますが、それは3ヶ月で理想のボディを作るという意味ではありません。「3ヶ月でカラダの土台をきちんと作る」という意味です。個人差はありますが、まったく運動経験のなかった人が、健康的に生きるための必要最低限の筋力や体力を身につけるのにだいたい3ヶ月くらいが必要ですよ、という意味です。

ダイエット的な意味で言えばもちろん身体も引き締まってきます。ただ、3ヶ月という短い期間で今までの負債がチャラになるかと言えば、そんなに甘くはありません。3ヶ月で土台を作ったあとも、継続的に運動していくことが必要です。

例えば、2ヶ月で-10kgのダイエットに成功したけれど、その後リバウンドしてしまった。という話はよくあります。

厳しく言えば、それは成功ではなく失敗。ダイエットというのは「ダイエット期間が終わってから勝負」だからです。単に10kg痩せたことだけをやたらと強調したり、その後リバウンドした事実は都合よくカットされることは往々にしてあります。

極端な話、ストイックな生活を2ヶ月続けて10kg痩せ、そのあと欲求が爆発して10kgリバウンドしてしまった場合と、スローペースで3kgしか痩せなかったけれど、その後もきちんと継続的に運動している人のどっちがダイエットに成功しているかと言えば、もちろん後者です。

そして前者の場合、あまりのキツさがトラウマになり、運動から離れてしまうケースがほとんどです。僕のところには、自己流ダイエットに躓いてご来店される方も多いですが、先ほどのような短期的なダイエットに疲れてご来店される方も多くいらっしゃいます。

そもそもそれまで運動経験の浅かった人が、短期間でカラダを変えようと思えば相当の負担がかかりますので、家庭や仕事に支障が出てきたりします。そしてダイエット期間が終われば、その苦痛から一気に解放されますので、リバウンド街道まっしぐらというわけです。

本来、健康になるためのはずの運動が、逆にストレスになっていたりしませんか?

短期的な方法に頼るのではなく、きちんと土台を作った上で、コツコツとダイエットを進めていくことが大切です。

自分の綺麗のためにも、将来のためにも。