「ヤバい、ダイエットしなきゃ」

あなたは少し食べすぎたり、体重が増えたりすると、すぐにダイエットを始めようとする。そこまではよくあるだ。

だが問題は、それをどのくらいの頻度でおこなっているかである。

今回は、ほとんどの女性が知らない、ダイエット失敗の原因「プチダイエット」について解説していく。

僕の考えでは、これが「太る原因No.1」である。それなのに、ほとんどの女性が知らず知らずのうちに手を出してしまっているのだ。

プチダイエットがなぜダメなのか?どうすれば綺麗に痩せることができるのか? 早速解説していく。

プチダイエットってなに?

まず、プチダイエットとは、短期間で繰り返しおこなう極端なダイエットのこと、である。

例えば、こんな感じだ。

週末に食べすぎてしまい、体重が増えてしまった。ヤバい!と思い、次の日からダイエットをはじめる。朝はコーヒーだけ、昼はチキンとサラダのみ、夕飯は春雨スープとサラダを軽く食べる程度。

このような食事を数日繰り返す。

すると、体重は見事元どおり。だが、次の週末また食べすぎてしまい、体重が増えてしまった。また、ダイエットしなきゃ!と思い、前回と同じような食生活で体重を元に戻そうとする。

これは女性であれば誰でも経験のあることだと思う。

女性は、男性に比べると体重に敏感なので、少しでも体重が増えれば「ダイエットしなきゃ!」と考える。

そこで、大掛かりなダイエットではないが、数日間 ~ 数週間という短いダイエットを試みようとする。

もちろん、それ自体がダメなわけではない。食べ過ぎたら、その後の食事を見直すことは大切だし、健康意識の高さも素晴らしい。

ではなにがダメなのか?

先ほどの例のように、朝はコーヒーのみ。昼と夜もスープやサラダが中心になってしまっているなど、極端な食事をしてしまう人が多いのだ。

あるいは、断食と称して、完全に食事を抜いたり、ドリンクだけで過ごしてしまう人もいる。

そうすることで、色々問題が起きてしまう。

具体的にどんな問題なのかは後述するが、このようなプチダイエットが、太ってしまう原因をつくっているのだ。

なぜプチダイエットはダメなのか?

では、なぜプチダイエットが良くないのか。

それは「筋肉が減るから」である。

プチダイエットをすれば、カロリー不足の状態になるので、体重は減る。

ただし、ダイエットでは、なにを減らすかが大切だ。筋肉なのか、体脂肪なのか、水分なのか、骨なのか。言うまでもなく「体脂肪」である。

ただし、プチダイエットのような極端なダイエットでは、筋肉が優先的に減ってしまうのだ。

筋肉が減るとリバウンドしやすい

では、なぜ筋肉が減るとダメなのか。

疲れやすくなるとか、冷えやすくなるとか、様々であるが、ここではダイエットの視点で考えてみることにする。

図のように、筋肉が減ると、基礎代謝が低下してしまう。(基礎代謝ってなに?

基礎代謝が低下すると、痩せにくく、太りやすい体になってしまうのだ。

そして、多くの女性が日常的にプチダイエットを繰り返してしまっているのが現状である。すると、どうなるか。

図のように、プチダイエットを繰り返すと、筋肉はどんどん減ってしまう。

そして、注目していただきたいのが、普通に食べた後も体重が増加していることだ。

基礎代謝というのは、筋肉とリンクしているので、筋肉が減れば基礎代謝も低下してしまう。

例えば、プチダイエットを始める前は、基礎代謝だけで1日あたり1200kcal消費していたとする。

だが、プチダイエットによって筋肉が減ってしまうと、1100kcalしか消費しないカラダへと変わってしまうのだ。そして、以前と同じような生活に戻せば、100kcalの赤字が生まれてしまうことになる。

1日100kcalの赤字は、1年で36,500kcal(100kcal x 365日)に膨れ上がる。体脂肪(1kgあたり7,200kcal)に換算すると、1年で5kg太ることになってしまうのだ。

なので、プチダイエットを繰り返すほど筋肉が減り、以前と同じ食事をしていても体重が増えてしまうのである。

食べ過ぎた翌日はどうすればいい?

まず、当然のことながら、食べすぎた翌日は体重が増える。

1kgかもしれないし、3kgかもしれない。

だからと言って、あせる必要はない。体脂肪を1kg増やすには、7,200kcalのエネルギーが必要だから。

どんなに食べ過ぎたとしても、1日3000kcalくらいでしょう。しかも、成人女性は1日に1700kcalほど消費しているので、余剰分としては1,300kcalほどである。

なので、純粋な体脂肪を1kg増やそうと思ったら、その生活を5 ~ 6日続けなければならない。

なので、食べすぎた翌日に体重が増えるのは、そのほとんどが水分や、排泄されていない便によるものだと考えていい。

なので、まずは冷静になること。

「体重は増えたけど、体脂肪が増えたわけではない」と自分に言い聞かせることだ。なにを食べたらいいとか、どんな運動をしたらいいとか、そうした心配をするよりも、まずは落ち着くことが一番大切である。でないと、プチダイエットに走ってしまい、痩せない体へと変わってしまうからだ。

もちろん、胃腸が疲れていたら無理に食べる必要はない。だが、なにも食べないのも良くない。朝はシリアルや果物にしてみる。昼と夜は、軽めの和食にしてみよう。その際には、主食のごはんを抜かないこと。炭水化物をきちんと摂り、バランスの良い食事を心がけよう。

食べ過ぎたと言っても、それは一時的なものであり、体重の増加も一時的なものにすぎない。体重が増えたまま戻らないというケースも稀にあるが、少なくともそれは体脂肪が増えたわけではないので安心することだ。

繰り返しになるが、食べ過ぎた次の日に体重が増えても、まずは冷静になることが大切である。

今回のまとめ

今回は、プチダイエットの問題点と、その解決策について解説した。

太る原因は多岐にわたり、人によってそれらは異なる。だが、結果があるということは、必ず原因も存在する。その中でも、プチダイエットによるものが最も多いと僕は感じている。

もし今後、食べ過ぎて、一時的に体重が増えた時には、今回ご紹介した方法をぜひ試してみてほしい。