「自分は太っているの?痩せているの?」

あなたはそう悩んだ経験があるはずである。

自分の体型に対する評価というのはあくまで主観に過ぎない。まわりからは痩せていると言われても、自分は太っていると感じてしまうことは、よくあることだ。

なので、ダイエットをはじめる前には、自分は本当に太っているのか、それとも痩せているのかを知ることが大切だ。またそれは、心理的な落ち着きにも繋がるので、結果的にダイエットも成功しやすくなる。

今回は、体型を評価する際に、最も使われる指標であるBMIについて解説していく。

BMIってなに?

ダイエットで大切な指標の一つに「BMI(体格指数:Body Mass Index)」がある。有名な指標なので、名前くらいは聞いたことがあるかと思う。

これは、身長と体重の数値をもとに、その人の肥満度を表したもの。単純に「おおよそのカラダのサイズ」と覚えていただいて構わない。

BMIは、次の計算式を使って求めることができる。

BMI = 体重(kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m)

身長が「メートル換算」になっていることに気を付けよう。身長が156cmの場合、1.56にする。試しにスマホで計算してみよう。

例えば、体重52kg、身長156cmの女性(Aさん)のBMIを求める。「52(kg) ÷ 1.56(m) ÷ 1.56(m) = 21.4」なので、AさんのBMIは「21.4」になる。(小数点第二位を四捨五入)

練習として、もう一人の女性のBMIも求めてみよう。

体重63kg、身長156cmの女性(Bさん)のBMIはどうだろうか。「63(kg) ÷ 1.56(m) ÷ 1.56(m) = 25.9」なので、BさんのBMIは「25.9」になる。

さて、AさんもBさんも身長は同じである。だが、体重はBさんのほうが11kg重い。

ここから分かるのは、BMIが高いほど「体が大きい」、低いほど「体が小さい」ということである。

BMIはどのくらいがいいの?

さて、これでBMIの求め方がわかった。

次に、自分のBMIが高いのか低いのかを知らなければならない。それを知るために、BMIの判定基準というものがある。

上の図は、BMIの判定基準を表したものだ。

先ほどの女性を例にしてみよう。AさんのBMIは21.4なので「標準」、BさんのBMIは25.9なので「肥満(1度)」になる。

一般的には、BMI22が標準的で、最も病気になりにくいと言われている。そして、BMI25を超えると肥満判定となり、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病のリスクが高まるとされている。

BMIから目標体重を求める方法

もし、あなたがBMI22を目指す場合、BMI22って、どのくらいの体重なんだろう?」と思うはずだ。そこで、次の計算式で目標体重を求めることができる。

目標体重 = 身長(m) x 身長(m) x 22(BMI)

例えば、身長156cmの女性が、BMI22を目指す場合だ。「1.56 x 1.56 x 22 = 53.5」なので、体重が53.5kgになれば、BMI22ということになる。

女性の理想のBMIはどのくらい?

BMIは、「標準(18.5 ~ 25未満(=24.9)」の範囲におさまっていることが理想である。

しかし、ここで気になることがある。「18.5 ~ 25未満」だと、下と上の数値に開きがあることだ。これを、身長156cmの女性の場合で考えてみよう。

【BMI18.5の場合】1.56(m) x 1.56(m) x 18.5 = 45.0kg
【BMI24.9の場合】1.56(m) x 1.56(m) x 24.9 = 60.6kg

2人ともBMIは標準の範囲であるが、体重は約15kgほどの開きがあることがわかる。45.0 ~ 60.6kgの間であれば「健康的には問題ない」が、それはあくまで健康面の話であって、「見た目の美しさ」は考慮されていないのである。

もちろん、女性としては、体重は軽いほうが嬉しいはずだ。

なので、ほとんどの女性が、BMI24.9から求めた体重(60.6kg)では、「そんなに重いの嫌だ」と思うはず。たとえ、BMI22(最も健康的なBMI)であったとしても、もう少し減らしたいと感じる女性がほとんどだと思う。

そこで見ていただきたいのが、次の図だ。

BMI 22 → 標準体重
BMI 20 → 美容体重
BMI 18 → シンデレラ体重
BMI 17 → モデル体重

正式なものではないが、最近ではこのように呼ばれることもある。

美しさの基準は人それぞれ異なるし、また、僕の口から「女性はこのくらいのBMIが理想!」とお伝えすると、それもまた偏った意見になってしまう。

だが、BMI18.5までならOK。というのが私の考えである。身長156cmなら、45kgになる。(1.56 x 1.56 x 18.5 = 45.0kg)  その範囲で、自分の好みに近づけていくと良いのではないだろうか。

もちろん、あくまで「健康であること」が大前提。少しでも体調に異変を感じるのであれば、きちんと体重を戻す勇気も必要である。

体重は少なければ少ないほど良い、と考える女性も多い。だが、体重はあくまで数字に過ぎないので、決して「あなたの価値や美しさを決めるものではない」と覚えておいていただきたい。

今回のまとめ

今回は、ダイエットの大切な指標であるBMIについて解説した。

女性は、男性に比べて体重の変化に敏感である。昨日よりも1kgでも増えていれば気分が落ち込むし、減っていれば嬉しくなる。

ただし、体重はあくまで数字に過ぎないことを覚えておいていただきたい。それは、あなたの価値や美しさを決めるものではない。そのことを頭の片隅に置きながら、ダイエットを進めていこう。