子供って、公園でもスーパーでもフードコートでも、元気よく走り回るじゃないですか。

それが大人になると、どうしてか運動が嫌いになっていく。このプロセスにこそ「健康」や「ダイエット」のキーがあるというのが僕の考えです。

昔から話していることなので「またその話か」と思う方がいるのは重々承知。大切なので何度でも繰り返します。人間のデフォルト(初期設定)は「運動が大好き」だと思うんですよ。その理由は冒頭でもお伝えしたように、どこでも元気よく動き回るから。もちろん子供にも「疲れる」という概念はありますが、「面倒臭いから動きたくない」って概念はないと思うんです。男の子でも女の子でも、すんごい元気よく動き回るじゃないですか。どこにそんな体力隠し持ってんの?って言わんばかりに。

もの凄い体力ですから、大人からすれば大変なわけですが、もっと彼らから学ぶべきだとも思うんですね。「あんなに楽しそうに動き回ってるのに、なんで大人になると動かなくなるんだ?」って純粋に思うんですね。僕がいつもランニングする公園で、かけっこ教室的なものが開かれているんですが、3 ~ 4歳くらいの子達かな? 全速力で走ったり、小さいハードル飛んだり、キャッキャ言いながら楽しそうに運動してるんですね。もうそれを見て、僕は心の中で拍手喝采。速かろうが遅かろうが、300点満点をあげたい気持ちになるわけですね。ずーっとそのまま大人になってほしいって思いますね。

ところがどっこい、学校に入学すると「体育の授業」が出てきます。そこで、運動ができる子には「5」、そうでない子には「2」という具合に成績が与えられてしまう。まぁそうやって段階的に評価しないと学校というシステムが成り立たないので仕方ないんでしょうけど、そうすると、運動が好きか嫌いかに関わらず「自分は運動ができない」というレッテルが貼られてしまうんですよね。これが結構頑固でして、そこで「運動できないバッジ」を身につけてしまうと、大人になってもずっとそれを身につけたままになってしまう。

体操教室と違って、学校の体育の授業は、一人一人の生徒に時間をかけて指導することができないので、できる子とできない子の差を埋めるのって難しいと思うんですね。でも、トレーナーの僕からすると「これじゃ自分の身体能力に不信感を持つのも当然だよな」「運動を好きになれってほうが無理だよな」と思うんですね。

ダラダラと話してきましたが、パーソナルトレーニングというのは、ただ「痩せたい」とか「綺麗な体型になりたい」という人のためだけにあるのではなくて、今日お話したような「運動嫌い」または「運動に苦手意識がある」という人のためにあるべきだと思うんです。僕はむしろ、そういう人たちにこそ通ってほしいと思っています。

だって、痩せるのも綺麗になるのも、すごく簡単なことだから。むしろ誰でもできちゃう。でも、それを維持できる人って「ほんのひと握り」なんですね。なぜか。「運動嫌い」という根本が解決されていないから。一時的に頑張って結果を残すことなら誰にでもできますが、本当の問題ってそこじゃないんですよ。

「好きこそ物の上手なれ」。大切なのは、子供の頃に持っていた「体を動かすことが好き」という感覚を呼び起こすこと。その感覚がわかってくると、もうダイエットやボディメイクなんていうのは”イージーモード”なんですよね。