「都会はいいね。オシャレなお店はたくさんあるし、美意識もあがるし」

「田舎はいいよね。家賃は安いし、人も優しいし、自然豊かだし

都会と田舎、ダイエットに有利なのはどっちなのか。僕なりの考えをまとめました。本題に入る前に、偏見がないように簡単に僕の暮らしについて少しだけ説明を。

僕は、20代前半から30歳前半までの約8年間、東京の表参道にプライベートジムを開いており、住まいも表参道でした。”大都会の洗練された街”という感じでしょうか。そして現在は、ジムを立川市に移転した関係で、地元の国立市に住んでいます。自然豊かな街で、大きな公園や川もあり、少し足を伸ばせば山にも行けるくらいの立地です。

なので、都会暮らしと田舎暮らし、どちらも経験しています。だからこそ、中立の立場で考えられると考えています。偏見がないように予めお断りを入れておきます。

さて、都会暮らしのメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット
・主な移動手段は電車
・美意識が高くなる
・最新のショップや施設、ジムが多い

デメリット
・人が多い
・家賃が高い、部屋が狭い
・物価が高い
・交通量が多い

ザッとこんな感じでしょうか。

さて「都会は痩せている人が多い」というのは、割と有名な統計です。

その理由は「よく歩くから」です。会社に行くにも、友達と遊ぶにも、電車を利用します。ということは、自宅から駅まで、駅から目的地まで歩くということ。都会の人からすると、日常的なことなので気付かないかもしれません。ただ、習慣的なことなので、積み重なれば結構な運動量なのです。

また、美意識が高い人が多いこと。都会に行けば、綺麗な人の割合が多いはずです。これは偏見ではなく事実。女性心理として、都会に身を置いたり、綺麗な人に囲まれると「私も磨かなきゃ」という意識が自然に働くため、美に対する意識が変わってきます。そもそも、人に見られる機会が圧倒的に多くなるため、人目を気にすることで”ちゃんとしよう”という意識が働きます。(田舎暮らしの方がダラシないという意味ではありません)

しかし、都会暮らしはストレスを抱えやすいのもまた事実です。

人が多いからです。ほとんどのストレスの原因は「人」にありますから、人と接する機会が多いほどストレスは溜まります。通勤、通学、買い物、ジム、ランニング、どこにいっても、人、人、人です。心にあまり余裕がなく、ピリついた人も多いので、その影響を受けやすくなります。また、都会というのは、さまざまな育ちや環境、出身地の人が集まる場所でもあるので、それだけ摩擦も大きくなります。

ダイエットにおいて「ストレスが一番の敵」なのは、僕がいつもお伝えしている通りです。なので、都会がダイエットに向いているとは一概に言えないのです。

続いて、田舎のメリットとデメリットについてです。

田舎のメリット
・人が少ない
・家賃が安い、部屋が広い
・交通量が少ない

田舎のデメリット
・移動手段が車だから歩かない
・人目が少ないので美意識が疎かになりがち
・流行に鈍感になりやすい

まず、都会に比べると、人が少ないこと。そして、都会に比べると親切で温厚な方も多いですよね。

運動に関して言えば、田舎の土地全体が「ジム」だと僕は考えています。というのも、大きな公園はあるし、道は広いし、人も少ないから、のびのび運動することができるから。それに、家賃が安い上に部屋も広いので、余ったスペースを利用して、ジムエリアなんかも作れてしまいます。都会のワンルームは、バランスボール1個置いただけでかなり窮屈に感じてしまうレベルなので、部屋が広いことは正義です。

一見、ダイエットに有利だと思える田舎暮らしですが、実は、田舎のほうが太っている人が圧倒的に多いんです

これは、移動手段が「車」だからです。都会のように電車に乗る習慣がないため、歩く機会も必然的に少なくなります。友達と遊ぶ、買い物、ご飯、コンビニ、どこに行くにもDoor – to – Doorで車を利用するので、カロリーをほぼ消費しないことになります。このような生活を送ることで、5年、10年経つと、まるで別人のように太ってしまうことは決して不思議ではありません。

例えば、外食をした時のことを考えてみましょう。

都会暮らしの場合、お店から歩いて帰宅するため、いくらかカロリーを消費します。それが、田舎暮らしの場合、お店を出た瞬間から車移動なので、カロリーはほぼ消費されないことになります。これを生理学的に説明すると、食事後に軽い運動をすれば栄養が筋肉に運ばれ(太りにくい)、そうでないと体脂肪として蓄積されやすくなります。「歩く」という小さな積み重ねが、やがて大きな差となるのです。

また、都会に比べると人目が少ないので、身なりに無頓着になりやすい傾向があります。「人目なんか気にするな!」と言いたいところですが、ある程度、人目を気にすることは、美意識を保つ上では大切なのです。

ダイエットに有利と思える田舎暮らしも、メリットばかりではないのです。

ただし、隣の芝生は青くみえるものです。結論を言えば、どっちに住んでいようが関係ない、です。僕から言わせてもらうと「太るのを環境のせいにするのは愚の骨頂」です。都会、田舎、むしろ海外にいようが関係ありません。

都会にだって太っている人はたくさんいます。贅沢な食事を楽しんだ後、そのままタクシーで帰るような生活を繰り返していれば、みるみる肥えていきます。都会なら都会ならではの強みをフルに生かすこと。

ランチはお洒落なサラダバーに行くもよし、会社帰りに駅前のジムに30分だけ行くもよし。都心なんかチャリで移動できるんだから、チャリを活用してください。「ランニングスポット」も積極的に利用してください。東京なら皇居、大阪なら大阪城公園、福岡なら大濠公園。あなたの近くにランニングスポットはあるはずですし、不審者も比較的少ないので安心です。

自分で考えて、自分で動くこと。脂肪は脳ミソからついていきます。”太る生活”を自分で選ばないことです。

田舎暮らしの人も、引け目を感じる必要はありません。田舎にだって綺麗な人はたくさんいますし、モデルさんの多くも地方出身者だったりします。

美人は”あなたの見えないところで“努力しています。必ず。車社会で歩く機会が少ないなら、ジムがあるはずです。そもそもジムというのは、綺麗になるための人の場ではなく「運動不足の人が帳尻を合わせるための場所」だと僕は考えています。

「うちの住んでるところはジムすらない」という場合でも問題ありません。むしろ、そういうエリアこそダイエットには一番良い。走る場所だってあるでしょうし、部屋にスペースもあるでしょうから、そこにバランスボールやフラットベンチを置いて、ちょっとしたジムエリアをつくれば良いんです。今の時代、トレーニンググッズなんかAmazonや楽天で、いくらでも良いものが買えますから。

そうやって、田舎ならではの強みを存分に発揮してください。現在、ほぼ田舎暮らしの僕からすれば、田舎ほど運動に適した環境はないと思っています。僕はダイエットはしていませんが、それでも田舎に帰ってから体重を測ったら、1年で3kgほど減っていました。きっとランニングがしやすい環境になったからでしょう。

だから、どんな環境にいようが大丈夫。痩せるか痩せないかはあなた次第です。頑張ってくださいね。

優秀な人間は、環境に不満を言わない。