浅野 弘樹 Hiroki Asano

東京都国立市出身。1987年生まれ。
米国カリフォルニア州サンタモニカ大学出身(運動生理学専攻)
・全米ストレングス & コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー
・メンタルケア学術学会認定メンタルケア心理士
・アームレスリング57kg級 元世界ランク3位

ご挨拶

皆さま、はじめまして。
BEAUTY & STRENGTH代表の浅野です。

この業界に身を置いて10年が経ちました。同時に多くの女性のダイエットの悩みに向き合ってきました。

「意志が弱くてダイエットが続かない」「自分に甘えちゃって痩せられない」「どんなトレーニングが自分に向いてるのか分からない」

そんな女性の悩みに少しでも寄り添うことができるように、2012年、東京の表参道に、当時はまだ珍しかった完全個室制の女性専門パーソナルトレーニングジムをつくりました。

パーソナルトレーニングという言葉を聞くと「私なんかが行っても大丈夫かな」と不安になる女性がとても多いです。

女優さんやモデルさんのイメージが強いからでしょう。また、経済的に余裕のある一部の人たちが通うジムだという認識の方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、そういうジムもございます。ですが、少なくとも私のジムはそうではありません。

トレーニングどころか、まともに運動をした経験のない女性ほど大歓迎です。トレーニングの楽しさやカラダが変わる喜びを知ってほしいからです。

また、ご来店は月に1回でも、年に1回でも大丈夫です。ダイエットにそこまでお金をかけられないという方のためにも、本当に必要なことだけをお伝えします。

当店にお越しいただいている約9割のお客様がトレーニング未経験です。

元々、私が病弱で、自分のカラダが嫌いで、そんなコンプレックスを克服するためにトレーニングを始めたからこそ、同じように「自分のカラダが嫌い」という悩みを抱えた女性の気持ちに少しでも寄り添うことができます。

なにも難しいことはありません。もう遅いということもありません。

基礎からカラダのことをきちんと学び、正しくトレーニングをおこなえば、女性はもっともっと綺麗に輝けます。

まずは気軽な気持ちで、一度体験にお越しください。

保有資格

・全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー
・メンタルケア学術学会認定メンタルケア心理士
・日本ランニング協会認定ランニングアドバイザー
・日本SAQ協会認定SAQインストラクター Lv.1

・日本ストレッチング協会認定トレーナー
・国際救命救急協会CPR + AED
・アームレスリング全国高校大会2年連続優勝、全日本ジュニア選手権2年連続優勝、世界選手権-57kg級 3位 (日本記録保持者)
・トレーニング歴 20年

過去のメディア出演

Tokyo FM、NHK、フジテレビ、J:COM、Numero Tokyoなど

生い立ち

東京都国立市出身。1987年生まれ。
米国カリフォルニア州サンタモニカ大学出身。

幼い頃から病弱で、風邪や病気ですぐに体調を崩してしまうことにコンプレックスを抱いていた。学校の朝礼で倒れる、早退する、嫌がらせをされるという日々。

近所の方からも「弘樹くんは、本当に風で飛ばされそうな体をしているね」などといつも心配される。

そんな弱い自分を克服するために、自宅の庭の砂をペットボトルに詰め、それをダンベル代わりにして鍛えはじめる。

12歳の時、母親に買ってもらったダンベルとプロテインがすべてのはじまり。たまたま付録でついてきた米国のフィットネス誌「Muscle & Fitness」に載っていた外国人の筋肉に衝撃を受ける。「自分もこんなに強くなりたい」と思い、本格的にウエイトトレーニングをはじめる。

中学生のため、ジムに入会できなかったこともあり、自宅でトレーニングを継続する。中学3年間、独学で解剖学と運動生理学、栄養学を学ぶ。

そんな時、学校で腕相撲ブームが起こる。入学前は女子に負けていたが、トレーニングの甲斐もあり、卒業時には父親や体育教師を倒すまでに筋力がつく。「1番強い人と戦いたい」との想いで、隣の中学校や高校に出向き、腕相撲に明け暮れるが、1度も負けることがない。

中学3年生の時、テレビで放送されていた世界アームレスリング選手権をたまたま目にする。優勝するつもりで、都内で開催された大会に試しに参加するも、参加者が全員大人だとは知らずに、まさかの初戦敗退。

落ち込んでいるところを主催者の方に声をかけていただき、近所のアームレスリングチーム(府中アームレスリングクラブ)を紹介していただく。

高校入学後、コーチの指導の元、トレーニングに打ち込む。その後、全国高校大会と全日本ジュニア選手権(21歳以下)に出場し、60kgと70kgの部門で2年連続全国優勝を果たす。

そして、18歳の時、世界ジュニア選手権で日本人初となる3位に入賞する。(右腕:3位 左腕:4位)

会計士を目指すために大学に進学するも、1年で中退。世界大会の時に受けた感動が忘れられず「英語を話したい」という単純な動機で、オーストラリアのブリスベンに語学留学をする。

帰国間近、周りがどんどん就職していく中、将来の目標も決まっていない自分に嫌気がさす。金曜の夜、気晴らしに学生寮のジムで一人でトレーニングをしていた時のことである。ベンチプレスで潰れていた一人の外国人男性を助ける。

その男性に言われた「Thank you!」の一言が自分にとってはすごく嬉しかった。「これだ!もっと安全で、もっと正しいトレーニングを伝えていかなければ!」という想いが芽生える。これがパーソナルトレーナーを目指すことになったキッカケである。

帰国後、トレーナーの勉強をするためにサンタモニカの大学に入学。大学で運動生理学を学びつつロサンゼルス中のジムを訪れる。在米中にMiss Asia USA日本代表のトレーニング指導を務める。

帰国後、GOLD’S GYMにてパーソナルトレーナーとして活動。2012年に独立し、表参道に女性専門パーソナルトレーニングジムを設立する。

女性的な美しさと「一本芯の通った強さ」を持ってほしいとの想いで「BEAUTY & STRENGTH」と名付ける。

その後、たくさんの素敵なお客様との出逢いを通じ、登山やランニング、トレイルランニング、トライアスロンに出会う。

2019年、立川市(東京)にジムを移転。筋トレとランニングを融合した独自のトレーニング理論でダイエットの指導を行う。

また、より女性の心に寄り添いたいという気持ちが芽生え、心理士の資格を取得し、女性の体だけでなく心のケアもしながら指導にあたる。過去10,000人以上の女性のダイエットをサポートし、現在に至る。

トレーナー以外の活動

トレイルランナーとして

山はいつも自分が完全ではないことを教えてくれます。厳しい表情を見せる時もあれば、優しい表情を見せる時もある。私にとって謙虚さの重要性を教えてくれる唯一の教師です。のんびり登る山、挑戦的に登る山、競技として登る山。様々な側面から自然と触れ合うことが人生の楽しみの一つです。

【登山歴】剱岳、槍穂縦走(西穂高岳、奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳、槍ヶ岳)、表銀座縦走、裏銀座縦走、白馬三山縦走(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)、六甲全山縦走、富士山(0合目〜剣ヶ峰 日帰り)、赤岳(厳冬期)など。(単独テント泊が自分のスタイル)

トライアスリートとして

スイム、ロードバイク、ランニングの3種目でおこなわれるトライアスロンに挑戦しています。学生時代に全国優勝を経験したアームレスリングとは真逆の持久系競技です。31歳の時にホノルルマラソンで完走したことをきっかけに、それまで無縁だった持久系競技の魅力に目覚めました。年齢を重ねるごとに若返ること、そして、どこまで自分自身の肉体的限界に挑めるかが人生のテーマです。

撮影活動


無駄なものを削ぎ落とし、大切なものをいかに際立たせるか。それが私なりのデザインの形です。「シンプル」とは退屈や平凡なことではなく、より洗練された力強いメッセージを意味します。それは身体にも写真にも共通して言えることです。美しい身体とはなにか。撮影を通じて美的感覚を養うことが人生の楽しみの一つです。